自動車保険 最安値

通販型自動車保険が通常の保険より安い理由

アクサダイレクトの見積り

今までは車を購入すると、購入した車の販売店で任意保険もついでに加入するということが一般的でした。

しかし最近では通販型の自動車保険会社を選択するひとが増えています。

通販型自動車保険が評判の一番は「通販型保険会社のほうが圧倒的に保険料が安い」という理由からです。


通販型自動車保険はなぜ安いのか

通販型自動車保険は代理店コストがかからない
通常の保険会社は、保険代理店を多くもってその販売力にコストがかかっています。しかし通販型の保険会社は代理店を持たずインターネットからの直販で保険の契約をとっています。

従来の保険会社にかかっているコストを大幅に削減することで安い保険料が実現できるのです。ですから通販型自動車保険はほとんどインターネットからの申し込みとなっています。

インターネット割引もあるので各保険会社を比較しながら自分にあった自動車保険を選べばいいでしょう。


通販型自動車保険はリスク分散型保険
車は使う人の頻度や目的、使う人数や走行距離、運転者の免許証の色などさまざまな要因で事故の発生率が変わってきます。

事故のリスク要因を細かく分けてリスク要因の低いユーザーの保険料を安くできるように設定された自動車保険が「リスク分散型保険」と呼ばれている保険です。

かんたんにいうと、走行距離が短かったり、免許証がゴールドカードだったりすると当然ですが交通事故のリスクも少なくなるので保険料も安くなります。事故のリスクが少ないので事故発生率も小さくなり保険会社の損失も少なくて済むので保険料も安くすることができるわけです。


最も保険料が安い保険会社を探している。補償内容を落とさずに保険料を下げたい。・・・こういうかたは従来の保険と通販型保険と比較して検討することをお勧めします。

最短5分で完了!最大20社までできる自動車保険一括見積もりはこちら⇒自動車保険 見積もり

しかし、同じ通販型でも保険会社によって保険料はかなり違う

リスク分散による保険料の設定はそれぞれの保険会社がそれぞれの特徴を打ち出すために実はかなり違います。

同じ保障内容でも保険会社によっては1.5倍〜2倍近く違うケースもあります。

保険料を安く抑えたいなら複数の保険会社に同条件で見積りを出して比較検討する必要があります。

ここだけは押さえておきたい保障内容

自動車保険はいらない部分はできるだけカットして必要な部分だけを残せば保険料を安くすることができます。

しかし、ここだけはこれくらいの保障限度額が必要と思われる部分は次の内容です。


対人無制限賠償と対物無制限賠償
万が一の交通事故で相手が死亡したりすると億単位の賠償が起きる場合も珍しくはありません。また相手の積み荷には美術品などの貴重品が載っているかもしれません。対人と対物は無制限賠償をお勧めします。

搭乗者保険
対人保険は人を対象にしていますが、運転者や搭乗者(配偶者、両親、子供)は含まれていません。家族や自分のためにも対人保険とは別に搭乗者保険にも加入しておきましょう。


一番安い保険会社を探すなら最短5分で探せます
↓  ↓  ↓
自動車保険

自動車保険の最安値はどこ?通販型自動車保険会社の徹底比較メニュー